ORIGAMI

ORIGAMI

© ORIGAMI

News Releaseニュースリリース

シェア:

  • facebook
  • twitter

Origami、国際セキュリティ基準「PCI DSS」Version 3.2への完全準拠証明を取得

2018.06.28

株式会社Origami(本社:東京都港区、代表取締役社長:康井義貴、以下 Origami)は、クレジットカード業界における国際的なセキュリティ基準「PCI DSS(Payment Card Industry Data Security Standard)」Version 3.2の完全準拠証明を取得しました。

PCI DSSは、サービスプロバイダーや加盟店などカード情報を扱う事業者が、クレジットカード情報や決済情報を安全に取り扱うことを目的に定められた国際的なセキュリティ基準です。Origamiは、PCI DSS完全準拠証明の取得を契機として、より詳細なセキュリティーに関するポリシーを策定しました。こうした取組を通じて、カード情報を扱う事業者として、今後ともより一層のセキュリティ強化に努めてまいります。また、スマホ決済サービス「Origami Pay」をお客様がより安心してご利用いただけるように安全なサービスの提供を目指して、セキュリティに関するポリシーを順守します。

基準:
PCI DSS Version 3.2
準拠日:
2018年5月31日
登録番号:
ICMS-PCI0281
認定セキュリティ評価機関:
国際マネジメントシステム認証機構株式会社(ICMS)

・Origamiについて

Origamiは、キャッシュレスを実現するモバイル上のプラットフォームを提供しています。2012年に会社設立し、2016年5月にスマホ決済サービス「Origami Pay」の提供を開始。大手コンビニチェーンや、タクシー、インテリア雑貨店、ファストフードチェーンなど、約20,000店舗※の加盟店がOrigami Payを導入しています。※予定店鋪を含む