ORIGAMI

ORIGAMI

© ORIGAMI

News Releaseニュースリリース

シェア:

  • facebook
  • twitter

経済産業省「産業構造審議会 商務流通情報分科会」へ 当社代表取締役社長 康井義貴が委員として参加

2017.12.13

株式会社Origami(代表取締役社長:康井義貴、以下 Origami)は、代表取締役社長の康井義貴が、経済産業省のクレジットカードデータ活用に係るAPI連携に関する検討会への参加に続き、産業構造審議会商務流通情報分科会へ、委員として参加したことをお知らせします。
商務流通情報分科会は、産業構造審議会の下部組織で、情報政策や商務サービス政策についての重要事項を審議するものです。

詳細は、以下にてご確認ください。

 「産業構造審議会 商務流通情報分科会
クレジットカードデータ活用に係るAPI連携に関する検討会

・Origami について

Origamiは、ビジネスと消費者をつなぐモバイル決済プラットフォームを提供しています。スマホ決済サービスやオンライン販売により、企業には顧客育成のためのマーケティング支援を、消費者には便利でお得なショッピング体験を提供します。日本を代表する大手百貨店、世界的に展開しているファストフード、タクシーなどの交通、インテリア雑貨など様々な企業業態が、Origami Payをはじめとするサービスを導入しています。モバイルひとつで生活圏の全ての決済をインターネット化する、新しいカタチのデジタル金融サービスを創造していきます。

・Origami Payについて

スマホ決済サービスである「Origami Pay」は、消費者はスマートフォンに自分専用のお財布を持つ感覚で、他よりも便利で、お得な決済手段としての利用と、店舗はオンライン、オフラインの区別なくダイレクトでパーソナルに顧客と直接つながることで、ロイヤルカスタマー醸成などの販促支援をスムーズに行う仕組みとして、ご利用いただけるサービスです。
店舗では、小売、流通事業者に広く利用されているPOS (Point of Sales) レジをそのまま活用いただくことが可能です。Origamiの「Origami Pay」の加盟店として登録いただき、かんたんな設定をするだけで本サービスの導入が可能となります。消費者は、「Origami」アプリに、クレジットカード(VISA、MasterCard他カードブランドは順次対応予定 )を登録するだけで決済が可能となります。