ORIGAMI

ORIGAMI

© 2012-2017 ORIGAMI

Press Releaseプレスリリース

シェア:

  • facebook
  • twitter

Origami、iPadでのQRコード決済に加え、ステッカーQRコード決済を公開。2万店舗※1に提供している「Origami Pay」が、より手軽に、低コストで導入可能に。

2017.10.04

株式会社Origami(代表取締役社長:康井義貴)は、「Origami Pay」における、現在のiPadでの提供に加えて、 QRコードを印刷して固定提示する新しい決済方式(ステッカーQRコード決済)の提供をいたします。大手コンビニエンスストアをはじめ、 百貨店、飲食店、ドラッグストア、美容室、タクシー会社など2万店舗※1へ提供している「Origami Pay」が、 お手持ちのスマホなど、インターネットに接続できる端末だけで、より手軽に低コストでご利用いただけます。

※1 2017年7月現在。近日導入予定店舗も含みます。

本サービスの開始は、2017年10月末頃を予定しています。 「Origami Pay」への加盟をご希望の店舗は、Origami 公式サイト(https://origami.com/business)のお申込みフォームから申請し、 審査の後にご利用いただけます。

ステッカーQRコード決済 イメージ図

・ステッカーQRコード決済について

決済方法は非常に簡単です。加盟店はお手持ちのスマートフォンなど、インターネットに接続できる端末から、 加盟店向けOrigami Payページへアクセスします。加盟店側が決済額入力画面にてお支払い金額を入力し、 会計ボタンを押すことで、都度ステッカーQRコードが有効化されます。利用者がそのステッカーQRコードを読み込むことで、 お支払い金額分の決済が行われます。QRコードは、加盟店舗側により支払い時にだけ有効化されるため、QRコードの改ざんなどの不正行為へも対応でき、安心してご利用いただける方法となります。

加盟店向けOrigami Payページの決済額入力画面 イメージ図

・ステッカーQRコード決済公開の背景

Origamiは、2016年5月に店頭スマートフォン決済「Origami Pay」のサービス開始を行い、約1年でコンビニエンスストアのローソン、ケンタッキー・フライドチキンやワタミグループなどの大手飲食チェーン、 そして、阪急百貨店、丸井グループなど日本を代表する百貨店・商業施設まで、数々の大手小売・サービス企業にご参加いただいており、店舗での「Origami」アプリの利用シーンが拡大しています。

ne中小規模の企業様にも、iPadなどの機材有無にかかわらず、手軽にコストをかけずに店頭スマートフォン決済を提供するべく、今回の新方式の開発と実現に至りました。

・Origami について

Origami は、ビジネスと消費者をつなぐショッピングプラットフォームを提供しています。約20,000店舗(予定を含む)がアカウントを開設し、 ECや店頭決済の場面で利用されています。各導入店舗とともに、今後も様々な企画を数多く実施してまいります。スマートフォンでの決済による、 便利でお得なショッピング体験の提供を目指し、ビジネスと消費者と共に、未来のショッピングのあり方を再定義しています。

・Origami Payについて

スマホ決済サービスである「Origami Pay」は、消費者はスマートフォンに自分専用のお財布を持つ感覚で、他よりも便利で、お得な決済手段としての利用と、 店舗はオンライン、オフラインの区別なくダイレクトでパーソナルに顧客と直接つながることで、ロイヤルカスタマー醸成などの販促支援をスムーズに行う仕組みとして、ご利用いただけるサービスです。 店舗では、小売、流通事業者に広く利用されているPOS (Point of Sales) レジをそのまま活用いただくことが可能です。Origamiが独自に開発したiPadベースの アプリケーション「Origami Business」をインストールし、かんたんな設定をするだけで本サービスの導入が可能となります。 消費者は、「Origami」アプリに、クレジットカード(VISA、MasterCard他カードブランドは順次対応予定 )を登録するだけで決済が可能となります。